前立腺炎患手者保健九大法

P前立腺炎患者保健九大方法:

p1 .多く水を飲みます.

は,多く水を飲んで排尿、濃度高の尿は前立腺に刺激に刺激、長期不良の刺激に前立腺に対して有害である.多水水飲みは血液に希釈し、尿の濃度を有効に希釈します.

に.いや憋尿.

いったん膀胱満ち尿意なければならない憋尿小便に膀胱や前立腺不利.長距離バスに乗って、まずあけ小便再乗車、途中で急にならなければならない小便を運転手に挨拶を降り、排尿、くれぐれも硬さ.

節制的生活生活.

予防前立腺肥大、需要の靑壮年から注意して、肝心な点は性生活もほどほどに、ないたちで禁欲.性生活は頻繁に前立腺の長期的に充血状態になり、前立腺が増大することを引き起こす.そのため特に性欲が旺盛な若い時期、節制性生活、前立腺の繰り返し充血、前立腺に充分回復と手入れの時間を与える.もちろん、あまり禁欲を引き起こす膨満不快感にも、同じ前立腺不利.

p4 .多くリラックス.

生活のストレスは前立腺肥大のチャンスを増えるかもしれない.臨床表示、生活の圧力が鈍っする時、前立腺の病状は緩やかになって、だからふだんできるだけリラックス状態に保つ状態.

は5.温水シャワー.

洗微温湯が舒解筋肉と前立腺の緊張を緩め、不快な症状をよく洗い、前列腺疾患患者微温湯非常に役に立つことはまちがいない.もし毎日ぬるま湯で坐浴会陰部いち―に回、同じよい効果を収める.

には清潔を保つ.

男性の陰嚢の伸縮性が大きくて、多く分泌汗に加え、陰部は風通しが悪い、汚職やすく、局部の細菌がよく揚げ足を取る、という、前立腺炎、前立腺肥大、性機能が低下し、タイムリーに注意がなければまた深刻な感染.そのため、洗浄会の陰部は前立腺炎予防の予防に重要な一環です.また、性生活をするたびに、外性器を洗浄する必要があります.

p>ななしち.冷え防止<.

としても、寒さによって交感神経が興奮し,尿道内の圧力が増加して逆流することができます.

摩擦を避けて.

会陰部の会陰部摩擦会は前立腺の病状を強め、患者に明らかにならない、局部有害な摩擦を防止するため,手、自転車には少なく、長時間または長距離自転車やオートバイに乗って、長時間または長距離自転車に乗って.

にして生活を調節する,
早漏防止薬.

はできるだけお酒を飲まず、少なく唐辛子、ショウガなど辛い刺激性の強い食品を回避し、前立腺や膀胱首を繰り返し充血、重く感じ局部の膨れる痛み.大便秘結可能で強めてぶら下がって膨れ前立腺の症状から、普段宜多い食事野菜と果物、減少が」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です