手のケアする方法をまとめ

実は、手が顔より老化しやすく、手は顔よりもおよそ10年早く老化すると言われています。「顔はケアしているけど手はあまり感心しない」という人は多いです。たしかにスキンケアにおいて顔はとても重要なパーツですが、その次に目につきやすい「手」のケアもとっても大切です。どんなにきれいにお化粧をしていても手がしわしわでは年齢も上に見られてしまいます。

今は、老若男女に問わず手のケアによく使われる方法はその手クリームを使うことです。ネットショッピングや商店でよく見られる植物オイルとかミネラルオイル「鉱物油」とかで作ってきたものはたくさんあります。そのようなハンドクリームは必須脂肪酸やビタミンなどの栄養が豊富で、保湿だけではなく、美容効果も高いのが特徴です。角質層に素早く浸透して内側からうるおい、表面はベタ着かないというのがハンドクリームのセールスポイントです。

なお、日常生活で手のケアを簡単に出来る方法もあります。眼を引く事ではないんですけど、手のケアに効き目があります。それは水に触れたあとはしっかり水分を拭き取ることです。手洗の後など、手に残った水分が蒸発するときに肌の水分まで一緒に奪われてしまい、乾燥を加速させてしまいます。タオルやハンカチで指と指の間まできちんと拭き取るようにしましょう。そのあと、せっかく塗ったクリームも洗い流してしまうことになります。手洗いの後は塗り直すという習慣が大切です。

顔のケアと同じように化粧水を使うのもお勧めです。時間がある場合や寝る前だけでも、手に化粧水をつけてからクリームを塗るようにすればいい習慣です。そうすることで皮膚が柔らかくなり、クリームの浸透をアップすることができます。

さらに、冬の乾燥は手に傷をかけるばかりではなく、夏になると手の紫外線対策も心がけましょう。夏になると暑くて、手はつい油断してしまうものです。紫外線はメラニン色素を増やし、皮膚の水分を奪って、肌のシミやシワの原因となります。ハンドクリームを紫外線カット効果のあるものにすれば日焼け対策も同時にできて便利です。

バイアグラは一番最初に販売されたED治療薬なので、一番有名です。ED治療薬というと、まずバイアグラのようなイメージです。