手足口病の治療法と手洗いという有効な予防法

手足口病の治療法といえば、すくに癒すことは何かというと、残念ながら、手足口病にの特効薬はありませんのです。われわれは治療をのどの痛みを抑えたり熱を下げたりする対処療法が中心にして、あとは安静にして治るのを待つことだけです。

手足口病といえば気をつけたいのは脱水症状です。のどや口の中にできた水泡がやぶれて口内炎になると、痛みのために食事ができなくなります。でしたら赤ちゃんはおっぱいを飲まなくなることになります。飲料などから水分を取らせ、部屋を涼しくして、ゆっくり休めるようにしてください。

つぎは食事がアイスやプリン、おかゆ、ゼリー、豆腐など、やわらかくての土越しの良いものにしてくだい。オレンジジュースなど柑橘系の飲物や、塩の味、熱いものはしみるので避けてしましょう。

もし、どうしても水分が取れないと、病院へ行ってください。脱水症状があれば点滴してもらってください。

治療法を使うの前、手足口病の予防も重要です。手足口病の予防に有効なのは手洗いです。手足口病の潜伏期間は5日です。感染力がつよいため、潜伏期間中でも移ります。感染経路とうえば、咳などの飛沫感染、接触感染、感染者の分泌物や排泄物に触れた手からの経口感染です。そのため、保育園や幼稚園などの集団生活ではあっという間に広まってしまうかもしれません。

予防の基本はマメな手洗いです。それ以外にも、タオルを共用しなく、咳やくしゃみが出る時はマスクをして、お襁褓替えときはは注意深く行うことなどが必要です。

また、症状が治まっても2週間内には感染力もあります。便からは2週間~4週間ウイルスが排出され大人にもうつるため、お襁褓交換にはしばらくの間、気をつけてください。

さらには、毎年とも流行する手足口病です。子どもにもマメに手洗いをすることをおしえ、できるだけ予防してください。体力が落ちていると、感染症にもかかりやすくなります。予防のために、日ごろから生活に気をつけ、もしかかってしまったときは、辛い症状が少しでもやわらくように食事や部屋の温度などにも気をつけて、ゆっくりと休むことが大切です。

レビトラは勃起を促進するのではなく、男性性機能の障害を改善し、正常の勃起を促し、自然の刺激で勃起するということです。